負担を少なく

脂肪を直接吸い出して理想のボディラインを実現

脂肪吸引とは、皮下に細い管を挿入して脂肪を直接吸い出す痩身医療の技術です。同様の目的を達成するための方法としてはメスで脂肪を切除するというものがありますが、脂肪吸引は切除法よりもメスを入れる箇所が小さくて済むというメリットがあります。 初期の脂肪吸引は超音波を使って組織を破壊しながら吸引していくというものでした。そのため身体への負担がかなり大きいという課題がありました。しかし現在ではトラブルのより少ないさまざまな技術が開発されています。特に最新のものはベイザー波と呼ばれる特殊な振動エネルギーを与えながら脂肪を乳化させていく方式で、安全性、効率性ともに高められています。今後はこの方式が主流になっていくものと予測されます。

リバウンドしにくい体質も作り出す

脂肪吸引のメリットとしては、いわゆる部分痩せが容易だということが挙げられます。頬・あご下・二の腕・お腹・お尻・太ももなど、気にしやすい部位のほとんどに施術が可能です。 また、施術後は太りにくい体質に改善できるというメリットもあります。これは吸引によって脂肪だけでなく脂肪細胞の数も減らせるからです。脂肪細胞は1度増えてしまうと通常のダイエットではなかなか減らすことができず、これがリバウンドの原因であると言われています。脂肪吸引はダイエット失敗者にも適しています。 一方、注意すべき点としては、施術者の技術によって仕上がりが左右されやすいということが挙げられます。技術の低い医師が施術を行うと肌が凸凹してしまうことがあります。手術を受ける場合は実績のあるクリニックを選ぶ必要があります。

ページのトップへ戻る